経絡リンパセラピストのblog

経絡リンパサロンでの出来事やおからだについての日々のお話

経絡リンパセラピストが考えるつわり対策

わたし自身、現在妊娠4ヶ月を迎えております。

 

ですが、つわりがまだまだ終わる気配がしません。

 

辛いつわり…どうにかならないものかと先輩ママに尋ね、ネットで調べ、いろいろと試すのですが、これといった対策が見つからず奮闘する毎日です。

 

そんな日々の中でわたしが経絡リンパセラピストとしておすすめするつわり対策について少しだけご紹介します。

 

【こんなつわりの症状がある方におすすめ!】

・げっぷが出る

・常に満腹感がある

胃もたれがひどい

・唾液や水までも気持ち悪く感じる

・ガス溜まりのような苦しさを感じる

 

つわりの症状ほとんど全てですが…

このような場合、東洋医学で考える「気」がからだの中、特に胃のあたりに滞っていると考えられます。その滞った余分な「気」を経絡に流してあげることで症状が改善されます。

今から紹介するツボは胃に到達するからだの「気」が通る路(みち)、「胃経」にあるツボです。刺激することで、そのみちに溜まった気が流れるのを促すことができます。

 

注)残念ながら、これさえすればいつも楽になる!というわけにはいきません(涙)。でもやってみる価値はあります!

 

 

 

つわり対策 その1:「内関」のツボ押し

 

「内関」とは手首のココ↓にあります。

f:id:ohesoin:20190518142609j:plain

つわりに効く内関のツボ

手首のしわの中心から指3本分ひじ側へ進んだところです。

 

ここを刺激してあげることで平衡感覚を正常にするはたらきがあります。

 

胃の不快感や吐き気をやわらげてくれるのです。

 

乗り物酔いにも効果がありますよ!

 

☆手首を反らすこともつわりの症状をやわらげてくれるのでおすすめです!

 

 

 

つわり対策その2:「足三里」から「解渓」のツボ押し

 

胃に到達するこの「みち」↓ をさすってあげてください。

(わたしの足で失礼します…)

f:id:ohesoin:20190518151951j:plain

つわりに効く足の陽明胃経

触るとぱんぱんに張ってませんか?

毎日触っていると違いがわかります。

 

場所はだいたいで構いません!気持ちが良いと感じるところを気持ちが良いと感じる強さで刺激してあげることが大切です!

 

細かく言えば、

足三里

膝のお皿のすぐ下、外側のくぼみに人差し指を置き、指幅4本揃えて小指が当たっているところです。胃のツボの代表、消化器系に効くツボです。

 

「解渓」

足首を曲げた時にできるしわの中央、2本の筋の間のくぼみです。胃腸の不調、お腹の張り、むくみに効くツボです。足首を細くしたい方にもおすすめです。

 

私はしんどい時、少しでもマシになって!と願いを込めながらここをさすります。

やっぱりしんどい時はここがパンパンに腫れていて、さすっていると少し楽になったと感じることもあります!残念ながら全然マシにならない時もあります…涙。

 

 

 

つわり対策その3:猫背の解消

 

これは簡単な方法です。

 

つわりには猫背はもちろんよくありません。

 

辛い時はついつい猫背にまるまって唸ってしまうものですが、少し落ち着いたら背筋を伸ばしたり、寝転んで背中にクッションを入れたりしてみましょう。

 

そして普段から良い姿勢を心がけてみてください。

 

 

 

 

簡単にご紹介しましたが、わたしの知識と経験からのつわり対策です。

 

実際にはツボ押ししてもなかなか良くはならず、「からだのめぐりを整えることで不調をなくすこと」を仕事にさせてもらっている身としては悔しい限りです!

 

よりお客さまに(自分自身も!)元気になってもらえるよう、もっともっと追求していきます!!!

肩こりなら家族に腕を踏んでもらおう

肩こりに悩む方は脇の下が詰まっています。

 

脇の下を押してみてください。

痛くないですか?

 

そこには老廃物が溜まってしまっています。

 

脇の下、肩、腕にしこりがある方が多いです。

老廃物がしこりになって盛り上がってしまっています。

本当はもっと華奢な肩、細い首、細い腕、すっきりした背中なんですよ!

 

これらのしこりを解消するために重要なのが脇の下です。

 

 

脇の下には、神経の束、腕と体幹を行き来する血管やリンパ管が通っています。

 

そんな大切なものが行き来する脇の下は常に流れをよくしておきたいはず。

 

ですが、というよりは「だからこそ」なのですが、そこにはからだに必要のないものを排泄するゴミ収集場があると考えてください。

老廃物を流し出す出口のような場所です。

 

このゴミ収集場が詰まって機能しなくなっていれば、ゴミ(老廃物)は溜まっていく一方です。

 

肩こりだからといって肩だけをマッサージしても改善されない理由がこれです。

肩をもんでゴミをかき出した瞬間は気持ちが良くてもゴミ収集場に捨てられないのであればまた蓄積するだけです。

脇の下の老廃物の出口を開けてあげることに意味があります。

 

 

 

そこで、おうちでできる簡単な肩こり解消法をひとつ。

 

「振り袖踏みマッサージ」です。

 

「振り袖」とは、「上腕三頭筋」のことです。

腕の力こぶの出る側と反対側、皮膚の柔らかい場所です。

腕に脂肪がついた方、年配の方などで筋肉が減ってしまった方は「振り袖」なんて呼ばれますよね。

 

【方法】

1、うつ伏せに寝て力を抜く。

2、家族に「振り袖」を足裏で踏んでもらう。

3、痛みがやわらいできたら終了(片方の腕につき目安10分)。

 

この振り袖に脂肪や老廃物が溜まると体液の流れが悪くなってしまいます。ここのこりをほぐしてあげるだけで押し流すポンプ作用も高まり、体液のめぐりが良くなるとともに排泄効果も高まります。それによって結果的に肩こりも改善されるのです。

 

脇の下の出口を開けるのに腕なの?と思われるかもしれませんが、脇の下のゴミ収集場にゴミを押し流すのを手助けするイメージをしてみてください。

 

振り袖をつまむと痛みを感じませんか?

感じた方は詰まっています。

「振り袖踏みマッサージ」をぜひやってみてください。

 

もちろん肩甲骨のストレッチも効果的ですので一緒に肩の後ろ回しをおすすめしておきます。

 

痛みやこりが取れない原因は体液が流れていないからです。痛みやこりを感じる箇所だけ集中してケアしてもいくらやっても楽になりません。

 

からだ全身のめぐりを整えてあげましょう。

f:id:ohesoin:20190522165048j:plain



「ものすっごい生理が来ました!」それは好転反応!

初めてご来店いただいた数日後のお客さまからのご連絡。

「ものすっごい生理が来ました!」

 

これは半年前のお話。

 

その後、数回通っていただいた後の同じお客さまのお言葉。

「生理が順調に来てます!しかもどんどん綺麗な血になってます!」

 

これは同じお客さまが先週ご来店いただいた時にご報告してくれました!

 

この「ものすっごい生理」とは、

ドロドロとした塊の血

黒っぽい色の血

大量の出血が長く続く

といったような、とーっても恐ろしい生理だったそうです。

激しめの言葉を使えば「汚い血」

 

こんなものが自分から出るとは!と思ったそう。

 

このお客さま、きっかけは冷えがお悩みでご来店されたのですが、生理不順をお持ちでした。

 

このものすっごい生理が来たのが施術から3日後。

 

これはいわゆる「好転反応」です。

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

好転反応」って?

 

経絡リンパマッサージを受けたことによって、おからだが良くなろうとして起こる反応のことです。

 

1、からだの浄化作用が高まることによって、おからだに残留している有害物や不要な異物、老廃物を排泄しようとするのです。 

 

2、体液がきれいになると新生作用が高まり、細胞をきれいに蘇らせようとします。

 

3、きれいになった細胞は本来の働きを取り戻し、からだの悪い箇所を修復します。

 

これが好転反応として微熱や倦怠感、肌荒れや排泄物の増加などといった症状として現れます。好転反応は、おからだの「悪いところ」に現れるのでおからだの状態を知ることができます。

 

特に初めて施術を受けた方には顕著に現れることが多いです。繰り返すことによって徐々に弱くなり、反応が出なくなる、もしくはその時に疲れているところに少しだけ現れる程度になる方が多いです。

 

好転反応としての症状がなくなるのは、免疫力が高まり、きれいな細胞、きれいなおからだでいられるようになったということです。日頃から常に浄化作用が働いているため、一気に排泄するような好転反応が見られなくなるのです。

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

 

このお客さまの場合、古いドロドロの血(古血)が滞って体内に溜まっている「瘀血(おけつ)」の状態になっていたのでしょう。

 

冷えを感じていたのはそのせいです。

 

初めて施術を受けた際、浄化作用が高まり、本来の力を呼び起そうとしたために、今まで生理不順で溜まりに溜まっていた老廃物や毒素がその時の生理で一気に排出されたのだと考えられます。

当店の施術も、使用している岩盤マットも、普段から排泄しにくい奥底に溜まってしまっている老廃物や毒素を体内から排出してくれるのを促す効果があるので余計です。

つまり、恐ろしく汚れた血が生理によって排出され、おからだはきれいになるという最高のデトックスが行われました!

 

その後、何度か生理を繰り返すうちにどんどん浄化されてゆき、今は生理の際にきれいな鮮血が出てくるようになったということです。

 

 

この方、間を空けずに生理が来るようになったのも、この半年間、冷え改善に一生懸命取り組んだ成果です!

 

がんばれたのは、その恐ろしい生理でのご自分の「瘀血」具合が怖かったそうです…。

 

好転反応は一瞬悪化したんじゃないかと怖くなりがちですが、これを生活習慣を変える動機やきっかけにしてくださるお客さまが多いんです。

 

「まだ正常な生理周期じゃないんで、一定の周期で来るまでがんばります!」

と意気込む姿がかっこよかったです!

この方、お肌も綺麗になりましたよー!

 

 

当店では、生理中でも施術を受けていただけます。

むしろ生理中はおからだのデトックス期間なので最高の瞬間です。

 

 

生理中の「血」の色やサラサラ感、ぜひチェックしてみてください。

f:id:ohesoin:20190522165345j:plain




つわりのお薬メトクロプラミドは安全?

結論は「妊娠第1期に服用しても安全」だと報告されているそうです。

(妊娠第1期:13週まで)

 

 

金曜日に産婦人科に検診に行きました。

 

「どうしてもお腹が張るんです…胃に空気が溜まっている感じで苦しくて。」

 

わたしはまだ妊娠12週なので、妊娠中〜後期にかけてあるようなお腹の張りではなく、いわゆるつわりの一種の症状です。

 

「必要ならお薬を出しましょうか?」

と聞かれたので10日分のお薬をいただきました。

 

そして出されたお薬が「メトクロプラミド5mg」鶴原製薬

1日3回食前に服用、10日分で630円。

効能:消化管の運動を調節して吐き気、食欲不振などを改善します。

f:id:ohesoin:20190522165525j:plain

メトクロプラミド5mg(ツルハラ)

職業柄なのか、お薬にはとても抵抗があるわたし。

お薬で助けられる時もあるし、必要不可欠な時もあって効果があることも知っていますが、必要な時だけ、あまり頼らずに生活したい、ひとの自然治癒力を高めれば、たいていの病気は未病で防げると考えています。

 

服用前にどういうお薬なのか調べました。

f:id:ohesoin:20190519152614j:plain

メトクロプラミド錠5mg「ツルハラ」P1

f:id:ohesoin:20190519152722j:plain

メトクロプラミド錠5mg「ツルハラ」P2

上記のように「妊娠中の投与に関する安全性は確立されていない」と書かれてありました!

しかも2018年12月改訂って意外と最近。

 

もう少し調べてみると、イスラエルベングリオン大学の賢い方々が10年間にかけて11万強の乳児データを調査したところ、母親が妊娠初期にメトクロプラミドを服用していた約3500児について奇形発生などといったメトクロプラミドによる関連は見られなかった(2009年)。そこで「妊娠初期に服用しても安全なお薬」として保証されたとの記事などがいくつか出てきました。

 

大丈夫そうってことかなと思いながら、専門の先生に聞くのが1番早く信用できるので(産婦人科の先生を信じていないわけではないのですが)、以前医療機関でも働いていたので知り合いの先生方にも聞いてみました。

 

すると、先生方いわく「問題ない」とのことでした。

 

つまり、わたしの調べた結果ではメトクロプラミドは妊娠初期に服用しても胎児に影響はないってことですね。もちろん飲まないに越したことはないですが。

 

 

そこでやっと試してみることにしました。

 

お薬はなるべく控えるようにしているのですが、つわりの辛さには勝てませんでした。

 

 

ですが、お腹の張り具合はあまり変わりませんでした・・・

 

知り合いの先生いわく「どっちかといえば吐き気を抑える薬だからね。」って。

 

どうにかこのお腹の張りを改善する方法はないものか…奮闘する日々は続きそうです。

 

吐き気は改善されるそうです。吐き気がひどく、どうしようもない時には試してみてもいいかもしれません。

からだを冷やさない妊活対策

サロンでは、おからだの基礎体温を上げる根本的な冷え体質の改善に取り組んでいます。

 

しかし、冷え切ってしまっているおからだは改善されるまでにお時間がかかりますし、冷え性でなくてもからだを冷やしてしまう環境というのは年中あるものです。

 

もう暑い季節になってきましたが、冬場だけでなく、夏場も冷え対策は肝心です!

 

なぜなら薄着や冷房、冷たい飲み物や食べ物の摂取などによってからだを冷やしてしまう機会が多いからです。

 

特に妊活をされている方、絶対にからだを冷やしてはいけません!!!

 

「冷えるのがいいことなんて絶対にないはず。ビールくらいやろ。」

これは私の先輩のお言葉。名言!って思いました。笑

 

そこで、わたし自身がやっていて、お客さまにもおすすめしている対策をご紹介します。

 

 

冷え対策その1:絶対に冷やしてはいけない足首にレッグウォーマー

 

首、手首、足首は冷やしてはいけません。

 

あなたの手は冷たいですか?湿っていますか?

 

・湿っている方は「腎臓」が弱っています。

・カサカサ乾燥している方は「肝臓」が弱っています。

・冷たい方は子宮も冷たくなっていますよ!

 

妊活中なら特にですが、妊活はしていなくても女性は首、手首、そして足首は冷やしてはいけません。反対に、首、手首、足首があたたかいと全身の冷えを感じないと思いませんか?

 

足首は子宮や卵巣などの生殖器と深い関係があります。足首が冷えているということは血液が滞っている状態であり、生理痛の悪化や不妊にも影響を与えてしまいます。

 

冬場はもちろんですが、夏場は冷房を入れた室内であれば、できる限りレッグウォーマーを使用して足首を冷やさないようにしてください。

 

わたしが年中使用しているレッグウォーマーはこちら。

f:id:ohesoin:20190518191712j:plain

自然靴下 natural sunny レッグウォーマー

なんといってもシルクウール二重編みのこの極厚さ!

f:id:ohesoin:20190518190150j:plain

自然靴下 natural sunny レッグウォーマー

こちらはわたしの妊活を心配した先輩がプレゼントしてくださったものです。

 

(わたしは多嚢胞性卵巣症候群だったため、なかなか妊娠できませんでした。)

 

愛用し続けていて、わたしも友人が妊活を始めると聞くと贈り物にしています♡

 

 

冷え対策その2:お腹には貼るカイロ、背中にも貼るカイロ、夏は腹巻き

 

お腹!ここも冷やしてはいけない場所!

 

実際に、手足が冷えているお客さまがとっても多いのですが、そんな方々がお悩みの症状は

・胃痛、胃もたれ

・便秘、下痢

・顔色の悪さ、顔のむくみ

・生理痛

・婦人科系疾患

などなど、これらは内臓が弱っているものばかりです。

 

胃や腸、肝臓、腎臓、子宮などといった内臓が冷えてしまっている可能性が高いです。

 

内臓が冷えて弱っているために、からだは生命に大事なそれら臓器に積極的に血液を送ろうと働きかけます。そのため、内臓に血液が集中し、全身に血液が行き届かず、手足が冷たくなってしまうのです。

 

おからだを根本から改善する必要性がありますが、まずは冷やさない対策を心がけましょう。

 

冬場は背中とお腹にカイロを貼ることをおすすめしていますが、夏にカイロを貼りましょうとは言いません。

冷房の効いた室内ではインナーや薄めの腹巻きなどを着用して内臓を守ってあげましょう。

 

子宮を大事にすることは、自分を大事にすることです。

 

 

冷え対策その3:これは外的保護ではありませんが、足つぼマッサージ

 

妊活には基礎体温のアップが大切です。

 

食生活や生活リズムの改善以外でやっていただきたいこと、できることといえば「足つぼマッサージ」です。

 

生理痛がひどい方にもおすすめしています。

 

たった5分でも毎日続けることで効果を発揮します。

 

足裏にはツボがあり、各器官や臓器の反射区になっているのですが、押してみて

・痛いところ

・かたいところ

・ブヨブヨしているところ

が弱っている部分です。

 

足つぼマッサージの方法はさまざまありますが、当サロンでは「痛気持ちいいところを痛気持ちいい強さで押す」それだけでいいと考えています。

 

こうしないといけない、これをしないといけない、はしんどくなってしまうのでわたしが苦手なのです。

 

幸せになるためにがんばるというのも素敵なことですが、どうせなら幸せになる過程も幸せに過ごしたいので、ゆるーく、無理なくやりましょう。

 

がんばるのが幸せに感じる方は「どうやるの?教えて!毎日やる!」と目を輝かせて聞いてこられるので、ほんとに人それぞれ、ご自分のペースが大切です。

 

 

冷えるのがいいことなんてありません。ビールくらいです。

 

おからだはあたためればいいことだらけです。

経絡リンパセラピストが考えるつわり対策

わたし自身、現在妊娠4ヶ月を迎えております。

 

ですが、つわりがまだまだ終わる気配がしません。

 

辛いつわり…どうにかならないものかと先輩ママに尋ね、ネットで調べ、いろいろと試すのですが、これといった対策が見つからず奮闘する毎日です。

 

そんな日々の中でわたしが経絡リンパセラピストとしておすすめするつわり対策について少しだけご紹介します。

 

【こんなつわりの症状がある方におすすめ!】

・げっぷが出る

・常に満腹感がある

胃もたれがひどい

・唾液や水までも気持ち悪く感じる

・ガス溜まりのような苦しさを感じる

 

つわりの症状ほとんど全てですが…

このような場合、東洋医学で考える「気」がからだの中、特に胃のあたりに滞っていると考えられます。その滞った余分な「気」を経絡に流してあげることで症状が改善されます。

今から紹介するツボは胃に到達するからだの「気」が通る路(みち)、「胃経」にあるツボです。刺激することで、そのみちに溜まった気が流れるのを促すことができます。

 

注)残念ながら、これさえすればいつも楽になる!というわけにはいきません(涙)。でもやってみる価値はあります!

 

 

 

つわり対策 その1:「内関」のツボ押し

 

「内関」とは手首のココ↓にあります。

f:id:ohesoin:20190518142609j:plain

つわりに効く内関のツボ

手首のしわの中心から指3本分ひじ側へ進んだところです。

 

ここを刺激してあげることで平衡感覚を正常にするはたらきがあります。

 

胃の不快感や吐き気をやわらげてくれるのです。

 

乗り物酔いにも効果がありますよ!

 

☆手首を反らすこともつわりの症状をやわらげてくれるのでおすすめです!

 

 

 

つわり対策その2:「足三里」から「解渓」のツボ押し

 

胃に到達するこの「みち」↓ をさすってあげてください。

(わたしの足で失礼します…)

f:id:ohesoin:20190518151951j:plain

つわりに効く足の陽明胃経

触るとぱんぱんに張ってませんか?

毎日触っていると違いがわかります。

 

場所はだいたいで構いません!気持ちが良いと感じるところを気持ちが良いと感じる強さで刺激してあげることが大切です!

 

細かく言えば、

足三里

膝のお皿のすぐ下、外側のくぼみに人差し指を置き、指幅4本揃えて小指が当たっているところです。胃のツボの代表、消化器系に効くツボです。

 

「解渓」

足首を曲げた時にできるしわの中央、2本の筋の間のくぼみです。胃腸の不調、お腹の張り、むくみに効くツボです。足首を細くしたい方にもおすすめです。

 

私はしんどい時、少しでもマシになって!と願いを込めながらここをさすります。

やっぱりしんどい時はここがパンパンに腫れていて、さすっていると少し楽になったと感じることもあります!残念ながら全然マシにならない時もあります…涙。

 

 

 

つわり対策その3:猫背の解消

 

これは簡単な方法です。

 

つわりには猫背はもちろんよくありません。

 

辛い時はついつい猫背にまるまって唸ってしまうものですが、少し落ち着いたら背筋を伸ばしたり、寝転んで背中にクッションを入れたりしてみましょう。

 

そして普段から良い姿勢を心がけてみてください。

 

 

 

 

簡単にご紹介しましたが、わたしの知識と経験からのつわり対策です。

 

実際にはツボ押ししてもなかなか良くはならず、「からだのめぐりを整えることで不調をなくすこと」を仕事にさせてもらっている身としては悔しい限りです!

 

よりお客さまに(自分自身も!)元気になってもらえるよう、もっともっと追求していきます!!!

毎日出ていても便秘かもしれません

「お通じは毎日なんですけど、快便とは言えず…。硬くてコロコロっとしてて…毎朝時間がかかるんですよー。」とお客さま。

 

うーん…それは便秘ぎみですね。

 

当サロンでは「便秘」は、どのくらいの頻度で出るかではなく、便の形状で判断しています。

 

・硬くてコロコロしている

・色がかなり濃く黒っぽい

・ウサギのフンのような形状

・短く固まって硬い

 

このような便であれば、毎日出ていても便秘です。

 

消化管にずーっと長く滞在して毒素を排出し続けていますよ!

 

このままでは腸内環境は悪化し、毒素は体中に行き渡り、肌荒れ、血行不良、疲労感、お腹の張り、イライラ、食欲低下、体重増加などさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

毎日出ているからといって安心せず、改善するための生活習慣を心がけてみてください。

 

 

便秘には3〜4つのタイプがありますが、日本人に最も多い便秘のタイプは「直腸性便秘」だそうです。

 

これは「我慢」が原因です。

 

今は忙しいとか、このトイレではしづらいとか、ちょっとした理由で我慢しているうちに便意と脳の連携がうまくいかなくなり、便意を感じなくなって起こる便秘です。

 

まさか、こんな理由での便秘が1番多いなんてもったいない!

 

わたしは便意を感じたら毒素がからだに吸収されないように1秒でも早く外に出したい!と思ってしまいます。

 

なので、改善に大事なことの1つ目は、あたりまえですが「我慢しないこと」なんですね。

 

 

そして、サロンでおすすめしているのが「空腹朝食」です。

 

これは勝手に名付けました。

 

1、夕食を早めに食べてお腹がすいた状態で寝る

2、朝起きてまずは1杯のお水を飲む

3、何でも良いので朝食を食べる

4、便意を感じたらすぐにおトイレタイム

 

これは、「胃ー大腸反射」という腸の仕組みに基づいた方法です。

 

空っぽの胃の中に食物が入ることは、結腸が直腸に便を一気に押し出す大きなきっかけとなってくれるのです。

 

なので、寝る前にはもうお腹が空いた状態にして朝まで時間をかけて胃を完全に空っぽにしておいたところに、急にお水が入ってくることで刺激となり、反射となります。

その反射をさらに促すために朝食を摂ると、一気に直腸まで便を押し出してくれるので便意を感じられるという方法です。

 

 

ぜひ試してみてください。

 

食後の排便習慣ができればもう便秘なんてこわくありません!

 

そして、便の形状もチェックしてご自分の今の腸内環境を知りましょう!

 

f:id:ohesoin:20190521125629j:plain

 

疲れがとれないお客さま、副腎が疲れている方が多いです!

足裏のここ、押してみてください。

 

痛く感じませんか?

 

f:id:ohesoin:20190515184054j:plain

副腎の足ツボ

この赤いところが「副腎」の反射区です。

 

オレンジのところが「腎臓」の反射区です。

 

 

この「副腎」のツボを刺激すると痛がる方、ここが硬い方が最近多くいらっしゃいます。

 

副腎がオーバーワークになってしまっているんでしょう。

 

 

 

そんな方の特徴はこちら

 

f:id:ohesoin:20190515185516j:plain

副腎疲労

【 症状 】

・昼過ぎに眠くなる…なのに夜は元気

・疲れが取れない

・全身に倦怠感がある

・むくみが気になる

・顔のむくみが特に気になる

・生理痛がある

・便秘

・集中力がない

・よく眠れない

 

【 生活習慣 】

・花粉症がひどい

・珈琲が好き

・パンや麺類など小麦製品が好きでよく食べる

・甘いものが好き(なのに塩辛いものも欲しくなる)

 

当てはまりませんでしたか?

 

 

 

「副腎」の主な働きはストレスなどからからだを守るホルモンを出すことです。

 

副腎が疲れているとおからだの疲れがとれず、慢性的に疲労感を感じてしまいます。

 

疲れがとれないと感じているのであれば、副腎をいたわる生活をしてみてください。

 

・睡眠を大切にして睡眠の質をあげる規則正しい生活をする。

・ビタミンCを多めに摂取する。

・バランスの良い食事をする。

 

などはもちろんですが、

 

お菓子を食べる方、珈琲をひっきりなしに飲む方、小麦製品をよく食べる方、これらをやめてみてください。

 

これらを一定期間やめておからだの症状が改善されたお客さまがたくさんいらっしゃいます。

 

症状が改善されるどころか、みるみるうちに元気に、そして綺麗になられました!

 

・3キロ痩せた!

・目の下のクマができなくなった!

・肌荒れがなくなった!

・乾燥肌じゃなくなった!

・便秘がマシになった!

・仕事に集中できるようになった!

などなど。

 

一定期間だけでいいんです。

 

おからだが改善されたあとは摂りすぎなければ少量を楽しむのは問題ありません。

 

 

副腎をいたわる生活は自分を大切にする生活です。

 

あなたの「副腎」がんばりすぎていませんか?

お茶では水分補給になりません

サロンに初めてご来店されるお客さまにはカウンセリングをさせていただきます。

 

普段の生活習慣について簡単にいくつかおうかがいするのですが、意外と?多いのがお茶をよく飲まれる方、もしくはほとんどお茶しか飲まない方。

 

もちろんジュースをがぶがぶ飲む方はいらっしゃらないのでそれは安心していますが、お茶だけでは水分補給ができているとは言えません。

 

最近よくCMなどでも「カテキンには脂肪燃焼効果がある」など、緑茶やウーロン茶などの健康効果がうたわれています。

 

ですが、お茶には利尿作用があるため、日常的に水分補給としてお茶を飲んでいるとおからだが脱水傾向になっている可能性があります。

 

また、カフェインも含まれていますので交感神経が優位になりがちです。

 

 

お茶を飲んでいる(水を飲まない)お客さま、もちろんお茶だけが理由ではありませんが、おからだに老廃物や毒素が溜まりがちになっています。

 

むくんで足首がぱんぱんになっていたり、肩や首が凝り固まって膨れ上がっていたり、お肌がくすんでいたり乾燥していたり…。

 

これは体内の水分が入れ替わるサイクルが乱れてしまっているからです。

 

 

からだの60%は水分です。

ひとは汗や呼吸、尿や便などで1日に2.5リットルもの水分を失います。

 

この2.5リットルをきちんとお水で補給できていれば1ヶ月でからだの中の水分はすべて入れ替わります。

 

補給できていないとおからだに古い水分が溜まったままになり、おからだは毒素まみれ、水分でできている細胞も元気がなくなってしまいます。

 

つまり、めぐりの悪いからだになり、血液は汚れ、冷え、めまい、肌荒れ、便秘…などの不調が現れるようになってしまうのです。

 

 

しかし、反対に考えてみると、今まで水を飲まなかったお客さまが普段の水分補給をお水に変えるだけでこれらの症状がみるみるうちに改善されることもよくあります!

 

1ヶ月でおからだの水分がすべて入れ替わるということは、たった1ヶ月でおからだは生まれ変われるということ。

 

まずは1ヶ月試してみてください。

 

・仕事の効率が上がった

・「肌がきれいになった」って言われた

・むくみが改善された

・肩こりがマシになった

・よく眠れるようになった

 

などなど、お水を飲むようになってからの良いお知らせは他にもたくさんいただいてます。

 

 

お水がすごいのは、30秒で血液に行き渡り、1分で脳に到達し、20分でからだをめぐり吸収されるそうです。

 

これはお水以外ではあり得ません。

 

また、これはお水に限ったことではないのですが、妊婦さんが飲んだものは1分で子宮に到達するそうなので、妊娠中は赤ちゃんが過ごしやすいように飲みものをきちんと選ぶ必要がありますね。

羊水は水分でできていますからね。

 

 

お水のお話をするとキリがありません。

 

お水を飲むこともデトックスのひとつです。

 

サロンに通わなくてもデトックスはできますよ。

f:id:ohesoin:20190521130137j:plain

内水を1ヶ月で入れ替える

 

ポテチには中毒性があるんです!

お客さまからご質問をいただきました。

「先生!息子が毎日ポテチ食べるんだけどどうしたらやめられる?」

 

ずばり!

しばらくポテチ断ちをすることが一番の方法です!

減らすのではなく、断たないと意味がありません!

 

なぜなら、ポテチには中毒性があるからです!

 

 

ポテトチップスなどのスナック菓子には、「うまみ調味料」と呼ばれる化学調味料がたーっぷり使われています。

 

この「うまみ調味料」のすごい性質が、なんと脳に直接、そして瞬時に強烈な快感と幸福感をもたらすのです!

(「ドーパミン」という脳内伝達物質が分泌されるせいです。 )

 

脳はこの快感を覚えてしまい、「また食べたい」「もっと食べ続けたい」と同じ快感をすぐに求めるようになってしまいます。

 

脳がポテチ依存症になってしまうのです!!!

 

 

このお話をするとそのお客さま、『息子に「ポテチ食べれば幸せになれるんやろ?お得〜!!!」とか言われそう!笑』なんておっしゃってました!

息子さん、手強そうです。笑

 

でも育ち盛りの中学生の息子さんがポテチばかり食べていたら心配ですよね。

 

ポテチは決してからだに良いものではありませんからね。

 

「美味しい」と思って食べることを楽しむことはいいことですが、ポテチ中毒に陥ってしまわないようにしたいところ…。

 

 

ポテチ中毒になってしまったなら、ポテチをしばらく断ちましょう!

 

量を減らしても欲求は変わりません。依存症からは抜け出せません。

 

たばこと一緒ですね。

 

喫煙派と禁煙派で例えるのはオーバーかもしれませんが、ポテチを食べる派と食べない派、どちらかだと思いませんか?

 

 

 

「わたしはポテチを食べないから!」

そうおっしゃる方であってもチョコレートやアイスクリーム、ジュースなど甘いものに目がない方は同じく依存症になっているかもしれませんよ!

 

精製されたお砂糖にも同様の中毒性がありますからね。

 

こわいこわい…!

 

サロンでよくお話する「食べたいものは脳で選ばずに腸に聞きましょう!」とはそういうことです。

 

本当にからだが求めているものを食べれば、とーっても美味しく感じ、そしてどんどんからだが元気になっていきますよー!

 

 

ポテチ、たまに食べると美味しいんですけどね♪

ひとくち食べると止まらなくなるのはドーパミンのせいですよー!